rael_books.png
その他、合計6冊分の書籍(日本語版)が
 ← 無料でダウロード出来ます!
   (合計5,040円相当分)

2017年08月17日

「ぼんおどり」というもの

日本の夏の国民的イヴェントというと、「お盆」もその一つですね。
詳しい由来は分からずとも、8月14日(地方によって日にちのズレはあるようです)
に、お寺は勿論、町の行政区ごとに盆踊りの行事がごく普通に行われています。

DSC05074.jpg

わが町でも、雨降りだったにも関わらず今年もウチの菩提寺や、町内会で開催されてました。

そもそも、始まりはなんだったのかな〜?と思いながら調べてみたら・・・

盆踊りはもともとは仏教行事であるとする説、歌垣の遺風とする説、原始信仰の儀式だったと
する説など諸説あるが、文献に最初に登場するのは室町時代と言われる。
平安時代、空也上人によって始められた踊念仏が、民間習俗と習合して念仏踊りとなり、盂蘭
盆会の行事と結びつき、精霊を迎える、死者を供養するための行事として定着していった。
死者の供養の意味合いを持っていた初期の盆踊りは、新盆を迎える家に人々が赴き、家の前で
輪を作って踊り、家人は踊り手を御馳走でもてなした[4]。盆には死者が家に帰って来るという
考え方から、頬被りをして人相を隠し、死者の生き返った姿に扮した人がその物語を演じたと
いう。

・・・なかなか複雑な背景があったようです。
固い事は抜きにして、「まずは、踊って楽しもう!』というのが大方の考え方で、
踊ったり、屋台で食べ物を求めて楽しくやっているな〜というのが、ドコの盆踊り
に行っても感じる事でした。

posted by ラエリアンムーブメント東北の公式ブログ at 00:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

仙台七夕 拾遺

七夕飾りは、紙の芸術品。
手作りの暖かさと、折り紙の集合体だったり、描き物が織りなす素晴らしい作品群です。
ほんの一部分ですが、ご堪能ください。

P1460659.jpg

P1460562.jpg

P1460587.jpg

P1460666.jpg

下から覗いてみましたw

P1460592.jpg
posted by ラエリアンムーブメント東北の公式ブログ at 21:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

今年の仙台七夕

東北地方、今年の夏は梅雨と夏日が入れ替わり、なかなか掴みどころがないように
感じます。
6月は晴れ日が多く、湿気が少なくて爽やかな月となりましたが、七月に入って
俄に気温上昇。真夏日が続いた日がありましたが、梅雨明け宣言したのは八月に
入ったと同時にでした。
そして、梅雨明け宣言した途端に曇りか雨の肌寒い日が続いてます。

去る8月6日に行われたトランスミッションの日は仙台七夕初日と重なり、
朝方小雨だったものの、お昼前には青空が広がり、良い七夕日和となりました。
丁度一週間前の事ではありますが、トランスミッション会場のAER(アエル)向かいの
名掛丁アーケード街での七夕飾りが美しかったので、ちょっと紹介させて頂きます。

P1460572.jpg

仙台七夕祭りは、東北三大夏祭りの一つで、商店街を彩る七夕飾りが祭りのメイン
となります。
和紙や折り紙などで作られた紙の芸術作品は、見る人を楽しませてくれます。

P1460587.jpg
一つ一つ、とても丁寧に作られており、ゆっくり見て回るには時間がどの位必要なのか
分かりません。

P1460579.jpg

人混みも大変なものになるので、なかなかユックリ見る事は出来ませんが、飾りを
掻き分けながら歩くのも楽しいものです。

P1460581.jpg
posted by ラエリアンムーブメント東北の公式ブログ at 21:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする